初冬のつどい~お餅つきとネイチャーゲーム

12月11日(日)
京都かも川ネイチャーゲームの会が主催する
「初冬のつどい~お餅つきとネイチャーゲーム~」
                       が行われました。

同会は4月からもち米の種まき、田植え、稲刈りを、
ネイチャーゲームと共に楽しみながら体験してきました。
いよいよ、もち米が出来上がり餅つきです。

「餅つき大会でのノロウイルスに注意!!」
こんな報道が繰り返しなされていたこともあって
スタッフ間で何度も対策を検討した結果、
管理栄養士のスタッフの指導で手荒い、消毒を徹底することにしました。
参加者の皆さんも何度も手洗いをしながら冷た~い井戸水の感触を楽しみました。
画像

  もち米を蒸して餅になるまでもなかなかで餅を丸めるのも難しい!
    こんなお鏡さんはいかが?
    ユズリハ、ウラジロ、小さ目の柚子、どれも近くに生えています。
画像

  お雑煮は地方でざまざまですが京都は白みそ。
  出しをしっかり取り、具は、サトイモ、金時ニンジン、大根、白菜。
  どれも畑で育てた自然農法野菜の採れたてです。
画像

  おもちもお雑煮もとても美味しくて大満足!!
  午後はわら飾りつくりです。
  もち米のわらをきれいに掃除して、たたいて柔らかくします。
  これがとても手間のかかる作業です。
画像

  空さんが上級な作り方を披露。
  これはなかなか練習が必要ですね。  
画像

  初心者の皆さんは縄をなえる人は縄、
  そうでない人は縄モドキの輪っかを作りました。
  松ぼっくりや赤い実や日陰のカズラや・・・・
  周りからお気に入りの自然の物を探して飾り付けをしました。 
画像


  どう、このできばえ!!
画像



初冬の1日、ほとんど意識することのない冬の田んぼや
里山の様子を観察し、新しい発見があったのではないでしょうか?
寒くて殺風景な中にも美しいものも生き生きしているものもあって
土の中では来年の作付けにむけて着々と準備が進んでいるのです。

春から4回のつどい、とても充実していて、私もとても楽しかったです。
来年もまた皆さんが利用しやすい場になったらいいなと思っています。

ご参加いただいた皆さん、スタッフの皆さん、
1年間ありがとうございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック